秋コーデに上手にホワイトを使う!

暖色系中心になりがちな秋コーデ。
アウターやボトムス、シューズなど暖色系を取り入れる箇所がキマリやすい秋コーデでそれらのカラーを上手に引き立たせながら、コーディネート全体に引き締め効果やまとまり、統一感をもたらすカラーを取り入れることでファッションをよりおしゃれに見せるようにしていきましょう。

そこで取り入れるべきカラーはホワイトです。
ホワイトはオールシーズン使えるカラーで、ファッションにおいてブラックと並び基本色とされる場合が多いです。
多くの方がホワイトのアイテムをお持ちなのではないでしょうか。

ホワイトアイテムの中でも圧倒的に数が多いのがインナー&トップスです。
Tシャツ、ポロシャツ、タンクトップ、ノースリーブ、カーディガンとホワイトカラーのアイテムは数え切れないほど存在します。
まず、これらの中で1点、秋コーデの中に取り入れるようにしていきましょう。
重ね着主流の秋コーデだからこそ、あえて外しのカラーを1色入れることで見栄えを変えていく必要があるのです。
そして暖色系とホワイトの相性は抜群にいいので、インナーやトップスのホワイトを暖色系が包み込むイメージのコーディネートをすることで秋という季節にマッチしたスタイルを確立することができるのです。

この方法は他の場所でも用いることができるコーデテクニックです。
例えば足元。暖色系のブーツにホワイトを入れてみてはどうでしょうか。
シックな印象を与えるために、ブーツは単色でキメられる場合が多いです。
しかし、そこに敢えてホワイトを当て込む。
ダメージデニムのホワイトや、レザー調の紐をホワイトにしてみるとそれだけで見栄えが変わります。

また見せベルトも目立つようにわざとホワイトにする方法もあります。
引き締め効果を狙った見せベルトに鮮やかなカラーを取り入れることでよりメリハリが強調されるため、美しいラインをより明確に表現することができるようになります。

このように暖色系のコーディネートの中にホワイトを取り込むと非常に映え、ファッション全体に明るさを取り入れることができるようになるのです。

また、ホワイトは全く別の部分に取り入れることができます。
それは小物たちのカラーです。
まずアクセサリー。
ホワイト系のアクセサリーは可愛らしさ、清楚さ、清潔感を演出してくれます。
ネックレスやピアス、ブレスレッドなど、ホワイトを取り込むことができる箇所があるため、秋に敢えてホワイトをアクセサリーに持ってくることもできます。

また、スマホケースやバッグ、財布などの手持ちの小物をホワイトにしてみたり、女性であればシュシュやカチューシャなどをホワイトにすることで、自然とコーディネートの中に暖色系以外のカラーを取り入れることができます。

ホワイトは膨張色であるため、コーディネートに取り入れにくいという方であっても、アクセサリーや小物であれば抵抗感なく取り入れることができるでしょう。

また、カジュアルスタイルやキレイめファッションを目指す方であれば、足元に思い切ってホワイトを取り込むことも効果的です。
スニーカーやローファーなどはホワイトが非常に気品に溢れる印象を与えてくれるため積極的に取り入れていきましょう。

ジャケットの裏地などにも使われている場合が多いため、表面的な部分だけでなく内側に取り込んでさりげないおしゃれを演出しても面白いでしょう。

万能カラーであるホワイト。
しかし、膨張しやすく、秋コーデに取り入れるには一工夫が必要なホワイト。
コーディネートの方向性が定まってきた方はぜひ、コーディネートの上手にホワイトを使う方法を考え、取り入れていきましょう。
きっとあなたのコーデ力に磨きがかかり、あなたのファッションをよりおしゃれに見せてくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です