秋物を使い始める準備をしよう!

朝夕の肌寒さから秋の本格的な訪れを感じるようになってきました。
このような気候になると、秋物の出番到来です。
しかし、秋物を身につける準備はしっかりできていますか?
衣替えでしまったものを取り出してすぐに身につけるなんてことはしてないですよね?笑

タンスや押し入れの中で眠っていた秋物アイテムを使うためにはしっかりとメンテナンスをすることが必要です。
長い間しまっておいたので、それなりにアイテムの状況は悪くなっています。

例えば、防虫剤の匂い。
取り出してしばらくすると匂いが消えたような気がしますが、近づいてみると匂いはかなりこびりついています。
また、暗所にずっと放置されているわけですから押入れ特有の匂いもこびりついています。アレルギーが出るというわけではないですが、やはり匂いはエチケットとして非常に大切なことのうちの1つ。
取り出したら1度洗濯をしてから着るようにしましょう。

また、その際、しっかりと形を整えることも必要です。
アイロンをお持ちの方はきちんとアイロンもかけるようにしましょう。
服と言えど重力が働いているため、たたんでいてもその重さを受け止めてしまうもの。
ましてや様々なアイテムと一緒にしまっておいたのであれば、他のアイテムの重さも背負ってしまっているのです。
きれいに畳んで整頓して入れていても、思わぬところでシワが付いたり、ダメージを与えてしまっている可能性もあるのです。
ですから型崩れを防止して長く、美しい状態で身につけるためにも、一度アイロンがけをすることをおすすめします。

そして洗濯をしたら、型崩れしないように整頓しておくようにしましょう。
着たい時にすぐに取り出せる状況を作るのです。
特に秋以降のファッションは夏には無かったアウターを用いたり、重ね着をしたいするスタイルが主流になるため、取り出せるようにしておくべきアイテム数が非常に多くなります。アイテム数が多くなるということはその分管理が大変になるということでもあります。
ぐちゃぐちゃにしてしまっては意味がないので、取り出しやすく、見やすい状態をつくるように心がけましょう。

また1つ1つのアイテムをきれいにしていく上で、虫食いのチェックもしていきましょう。
防虫剤を入れているから大丈夫ではなく、しっかりとチェックしておかないと気づかないうちに穴が空いてて恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。
なかなか時間が取れない方もいらっしゃると思いますが、しっかりとチェックするようにしましょう。

また、ブーツ等も整頓してしまっていた場合、日陰干しにしてしばらく置いて匂いを撮るようにしましょう。
湿気が高いところに保管していた場合はカビが繁殖している場合もあるため、非常にきつい匂いがします。
思っている以上に湿気は溜まりやすく、匂いがこびりつきやすいためしっかりとその匂いと湿気を取ってあげることが大切です。
場合によっては一度洗ってしまったほうがいい場合もあります。

アウターも同様に日陰干しにして、型崩れや匂いが気になる場合にはクリーニングに出してメンテナンスをするようにしましょう。

季節の変わり目の中でも多くのアイテムに変化が見られる秋。
冬物も一緒に準備してしまえば、一度にカタをつけることができます。
ここから多忙な日々が続くという方は、重たい腰を上げてまとめてメンテナンスしておきましょう。

プライベートででかける頻度が高くなったり、年末年始には忘年会や新年会、大掃除やクリスマスといったイベントが連続して続きます。
このタイミングで年内に着る服の整理整頓をしておくと後々が非常に便利になります。

秋物を使い始める準備とともに、冬物整理も同時に行って、余裕をもってコーディネートを選べる環境を整えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です